確定申告のあれこれ|CREAL投資家向け

私が絶賛投資中の不動産投資クラウドファンディングサービスであるCREAL(クリアル)について、確定申告の有無があいまいになっていたので調査しました。

CREALの配当金は確定申告が必要か?

答えは、必要です。しかし不要な方もいます。

それではそれぞれについて詳しく解説していきたいと思います。

CREALの配当について

まずCREALでは配当金の支払いタイミングで源泉徴収税20.42%がが控除されています。ここでいう源泉徴収税は所得税と復興特別所得税が含まれます。

CREALの源泉徴収について

CREALの源泉徴収について

creal.jp

 しかしこの源泉徴収税以外に税金を支払う必要がある人もいます。それがいわゆる確定申告が必要な人です。

確定申告が必要な人とは?

会社員の場合は、勤務先の会社で年末調整が毎年されています。そのため基本的には会社員・サラリーマンは確定申告をする必要はありません。

ただし、会社から支給される給料(給与所得)以外で、収入がある人は対象になる場合があります。対象になる条件としては、給与所得以外の所得額が年間で20万円以上ある場合に該当します。

そのためCREALで年間20万円の配当金がある投資家は自ら確定申告をする必要があります。

確定申告でいくら税金を払うか?

ではいくら税金を納める必要があるかについて解説していきます。

CREALからの配当金は、雑所得に分類されます。雑所得では総合課税形式で計算される決まりになっています。

【スポンサーリンク】

 

総合課税形式(総合所得)に該当する所得は7種類存在します。

  • 事業所得(営業等・農業)
  • 不動産所得
  • 利子所得
  • 配当所得
  • 雑所得
  • 譲渡所得
  • 一時所得

www.nta.go.jp

例えば、CREAL投資家の場合は毎月分配される配当金が雑所得に該当します。会社員の場合は給与所得と雑所得の合計で課税所得を算出するため以下のように計算されます。

1,確定申告が不要な場合

年間給与所得 500万円
年間雑所得 10万円
合算所得 510万円

 

2,確定申告が必要な場合

年間給与所得 500万円
年間雑所得 30万円
合算所得 530万円


上記のように雑所得が年間で20万円以下であれば確定申告は不要です。しかし20万円以上は必要になります。次のステップとしてはこの課税所得に所得税率を掛け合わせて納税する額を計算していきます。 

所得税率について

以下が課税所得ごとの所得税率となります。課税所得とはさきほどの給与所得と雑所得等を合計した金額を指します。その課税所得の金額別に5%から最大で45%の税率で所得税が算出されます。

課税所得 税率 控除額
195万円未満 5% 0円
195万円~330万円未満 10% 97,500円
330万円~695万円未満 20% 427,500円
695万円~900万円未満 23% 636,000円
900万円~1,800万円未満 33% 1,536,000円
1,800万円~4,000万円未満 40% 2,796,000円
4,000万円以上 45% 4,796,000円

【スポンサーリンク】

 

例えば、さきほどの②の場合

合算所得が530万円なので以下のように計算することで所得税額が算出できます。

5,300,000*20%-427,500= 632,500 

上記の金額について、給与所得については勤め先の年末調整で支払われています。しかし、雑所得分は自ら納税する必要があるため確定申告が必要になります。

それでも解決しない場合は…

確定申告については、ココナラで相談に応じています。初めての確定申告や副業・フリーランス1年目の方で不安やお悩みございましたらお気軽にご相談ください。

coconala.com