UsuaLife

アラサーのオールジャンルブログです。グルメ/ビジネス/ライフハック等

【スポンサーリンク】

MaaS(マース)とは|基礎からレベル別に解説

本日は最近巷で話題の『MaaS』について、自分の勉強も兼ねて調べてまとめてみました。

MaaSとは

Maasの概要

<出典>データの時間より

読み方

Mobility as a Service(モビリティ アズ ア サービス)を略してMaaS(マース)と呼ばれています。

定義

直訳すると、サービスとしての移動です。

鉄道やタクシー・バスなどの様々な交通手段の最適化や利便性を高めるためのアプローチを指します。それぞれ別々に管理されサービスが提供されているものをひとまとめに統合することで、より使いやすく便利にしましょうという概念です。

詳しくは事例を後述しますが、例えば電車・バスの経路案内・タクシーの配車サービス・カーシェア/ライドシェアリング・自動運転などもMaaSに当てはまります。

統合された交通情報の検索→予約→決済をひとつのサービスで完結できるといった考え方でレベル0~4までサービスの段階別に定義されています。

国土交通省の見解

日本の国土交通省では、MaaSについて以下のように定義しています。

出発地から目的地までの移動ニーズに対して最適な移動手段をシームレスに一つのアプリで提供するなど、移動を単なる手段としてではなく、利用者にとっての一元的なサービスとして捉える概念

<出典>国土交通省 報道発表資料より

【スポンサーリンク】

 

MaaSサービスのレベル別定義

MaaSは0~4までの5段階のレベル別に状態定義されています。(Maas先進国であるスウェーデンのチャルマース大学研究チームにて考案)

以下の図はレベル別の定義と該当する国内外のサービスについて表したものです。

MaaSのレベル別定義について

<出典>日経XTREND記事より

レベル0:No Integration(統合なし)

統合されていない状態です。

例えば、東京メトロやタイムズ・日本交通の全国タクシーなどのサービスが該当します。簡単に言えば、個別の単一事業者が運営しているひとつの独立したサービスです。

レベル1:Integration of information(情報の統合)

複数のリソースからの情報が統合されている状態です。

例えばナビタイム・Googleマップなどといった交通機関の運賃・価格情報の比較や交通経路の提案などに対応したサービスです。具体的には鉄道の場合で考えると、JR東日本や京王電鉄・小田急電鉄・東京メトロ・都営線など別事業者についての情報が1つのサービス上で横断的に閲覧ができ統合されている状態を指しています。

レベル2:Integration of booking & payment(予約と支払いの統合)

情報の統合だけでなく、予約や決済まで統合されている状態です。

このレベルですと日本ではまだ見られませんが、海外ではドイツのムーベル(Moovel)やキクシット(Qixxit)・中国のディディ(DiDi)などが該当します。モーベルでは、ドイツ鉄道や地下鉄・バス・タクシー・カーシェアリングまでもが統合されており、乗車予約から料金の支払いまでを1つのサービスで対応しています。

レベル3:Integration of the service offer(サービスの統合)

サービスレベルで統合されている状態です。

例えば、フィンランドのウィム(Whim)というサービスが該当します。このサービスでは交通手段ごとに個別に料金の支払いをするのではなく、毎月定額での支払いといったサブスクリプションモデルでそれぞれのサービスを利用することができます。また継続的な利用でポイントが溜まったり、それを支払いに使うこともできるようです。

レベル4:Integration of social goals(公共政策の統合)

国や自治体の社会的な公共政策レベルで統合している状態です。

国家プロジェクトでのMaaS活用を行う最もハイレベルなユーズケースです。例えば都市計画を決める際に地域ごとの最適な公共交通機関とそれに関わる人員配置の適正はどれくらいか?渋滞・混雑緩和するにはどうすればよいか?など様々な問題解決に役立ちます。

膨大な交通関連のビックデータをAIで学習・解析を行い、人間では困難なレベルの意思決定やオペレーションを実行し、無駄のない移動手段の最適化、モビリティ革命に繋がる可能性を秘めています。

【スポンサーリンク】

 

国内外の事例

欧州(MaaS先進国)

フィンランドやドイツ・イギリスがMaaS先進国といわれています。レベル2からレベル3のサービスが実際に多くの人に使われサービスが一般ユーザーレベルで浸透し始めています。

フィンランド首都のヘルシンキで展開しているウィム(whim)は、2018年9月時点で約6万人とヘルシンキ人口の10%がアプリを利用している規模感にまで成長を遂げています。

日本

日本ではまだMaaSレベル1に留まっています。レベル2や3に向けて各社が統合の動きは匂わせており、今後事業提携も加速していきそうです。例えば2019年4月よりJR東日本と東京急行電鉄のMaaS実証実験が伊豆で開始します。そこで利用されるスマートフォンアプリ「Izuko(イズコ)」には、世界展開しているムーベル(Moovel)のシステムを導入され、海外勢との提携なども今後増えて行く可能性が高いです。

投資に積極的なトヨタ

自動車メーカ最大手のトヨタ自動車は、ウィム(Whim)を運営するマース・グローバルへ金融子会社トヨタファイナンシャルサービス(TFS)を通じて出資をしています。

他にもソフトバンクとの合弁会社モネ・テクノロジーズを設立し、最近ではホンダと日野自動車との資本業務提携も発表されました。

www.monet-technologies.com

モネ・テクノロジーズ株式会社(MONET TECHNOLOGIES)は、トヨタ自動車株式会社が構築したコネクティッドカーの情報基盤である「モビリティサービスプラットフォーム(MSPF)」と、スマートフォンやセンサーデバイスなどからのデータを収集・分析して新しい価値を生み出すソフトバンクの「IoTプラットフォーム」を連携させた新しいモビリティサービスを提供します。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

随時情報はアップデートしていければと思います。

よろしくお願い致します。

【スポンサーリンク】