UsuaLife

アラサーディレクターが綴るブログです。ゲーム・ビジネス・グルメ系記事中心です。

【スポンサーリンク】

ソフトバンクから格安SIM『DMM mobile』へ

本日はやろうやろうと思ってやれずしまいであった格安SIM(DMM mobile)への移行がようやく完了しましたので、その手順(MNP)や移行までの流れ等を備忘録がてらまとめてみようと思います。

現在いわゆる3大キャリア(docomoやau、ソフトバンク)を使用していて、月々の携帯代料金が高くて削減したいなあ〜という皆様の参考になれば幸いです。

まず結論から言うと私の場合はなんと携帯電話代が約半分になりました…!(もちろん安いからといって品質が悪いということではなく、料金以外の面(通信速度など)についても特に不自由なく使えています)

f:id:watashiore:20160704002149p:plain  

はじめに

私はiPhoneが出たての頃から約6年ほどソフトバンクを利用していました。今では懐かしのiPhone 3gsから始まり、最後にはiPhone 6plusを所持し、月々の携帯利用代金は8,000円程で、ネット中心で通話はあまりしないユーザーです。(通話するとしてもLINEなどの無料アプリを使って節約しています)

そんな私がこの度3大キャリアと呼ばれ、かつてはiPhoneを独占していたかの有名なソフトバンクから、DMM mobileへと移行して携帯代削減を行うまでの流れをご紹介したいと思います。

格安SIMとは

まず格安SIMについてです。これは普通の携帯電話やスマホにも入ってるSIMカード(インターネットや通話をするためのICチップ)と物理的には同じもので、そのSIMカードを利用することで利用料金が安くなることから格安SIMという呼ばれ方をしています。

簡単に言うとdocomoやau、ソフトバンク以外の企業が、docomoなどからインターネットや通話ができる回線を借りて、各社独自のお得なプランやサービス提供を行うためのSIMカードとも言えます。

なのであくまでも普通のSIMカードと中身は一緒です。つまり品質が悪かったり、速度が遅いかったりというネガティブなことは体感するレベルではほぼないです。注目すべきはそれでいて3大キャリアに比べて、通信費用が圧倒的に安いことです。

既存のキャリアの解約及び、MNP 

まず格安SIMに移行するにあたってソフトバンクを解約しました。私の場合、解約月が1年以上先だったので解約金を支払う形になりました、非常に悔しいですが致し方ない…でも安心してください。解約金を払っても中長期的に考えればお得です。

その際にかかった費用は下記の通りです。

------------------------------------------------------

解約料:9,500円(ソフトバンク)

MNP転出手数料:3,000円(ソフトバンク)

新規事務手数料:3,000円(DMM mobile)

合計:15,500円

 ------------------------------------------------------

ひとつ注意点としては解約のタイミングが月中の場合は、携帯代のうちの通信費(パケット使い放題的なもの)は、日割り計算での料金支払いが不可なため、解約タイミングによって多少損をしてしまいます。

そのため解約は月末のタイミングでうまく切り替えることをおすすめします。

SIMフリー端末の入手

次に格安SIM用の端末が必要となります。

というのもソフトバンクの場合、2015年5月以降に購入したiPhoneでないとSIMロックの解除をができない、かつ181日目以降でないとSIMロック解除ができないというのが現状です。

そのため、格安SIMに移行したからといってソフトバンク時代に使用していたiPhoneがそのまま使えるというわけではないのです。(もちろん、SIMロック解除の基準を満たしている場合はOK)

なので当然新規でSIMフリー対応の端末(格安SIM対応スマートフォン)を入手する必要があります。新規で端末というととてもお金がかかるイメージがありますが、これも長い目で見るとそんなことはありません。つまり格安SIMに変えるとそれくらいコスト削減できのです。詳しくは後述します。

端末の値段ですがAndroid端末であれば、こだわらなければ新品でも1万円以内で購入可能ですが、iPhoneにこだわりがある人も多いと思います。私もApple信者のひとりでして、やはりiPhoneが欲しかったため、今回はせっかくですしiPhoneSEの購入を検討しました。

iPhoneは高いですが、その背中を後押ししたのが、ちょうど実施されていた旧iPhoneやスマホの下取りキャンペーンです。

これを適用すると私の場合はiPhone6plus所有者であったため、59,800円のiPhoneSE(64GB)が割引後29,700円で購入できるまでに割引されました。

【スポンサーリンク】

 

iPhone下取りキャンペーン

おおよその下取り金額は下記の通り(※2016年7月2日時点)

------------------------------------------------------

iPhone 44s:最大2,800円

iPhone 5 5c 5s:最大10,500円

iPhone 6:最大25,000円

iPhone 6 Plus:最大31,000円

 ------------------------------------------------------

現在ではiPhone7の下取りキャンペーンを実施中のようです。

www.apple.com

Apple Storeに行く前に電話で在庫の確認ができるので、無駄足にならないためにも目当ての端末があるかどうかを事前に確認してから行くことをオススメします(電話案内のショートカットは5番で、数分待てばオペレーターに繋がる) 

iPhoneSEは先月6月頃は品切れ状態だったが、今回7月10日に確認したところ全カラー在庫があるとのこと。(Apple Store原宿店)

また下取りキャンペーンご利用の方は、下取りに出すiPhone本体をお忘れなく、ちなみに箱などの付属品は不要でiPhone本体があればOK、端末内のデータに関してもその場で削除をスタッフが行ってくれるので消していかなくてもOKです。

なお購入したiPhoneをその場でApple StoreのWiFiを利用して初期設定が可能なので、有難いことに購入直後に利用ができます。今現在進行形で使用している端末を下取りだとこの辺が不安でもありますが、これなら安心ですね。

Apple Storeが近くにないという方には、手数料や送料無料で自宅にいながら高額査定が期待できるネットオフもおすすめです。東証マザーズ上場企業が運営しているということもあり安心です。

スマートフォン買取

iPhone下取りまでの流れ

まず店に着くとApple Storeには店員がたくさんいるので、話しかけて購入希望のiPhoneが何かと、下取りキャンペーンを利用する旨を伝えましょう。下取りキャンペーン適用の場合は、対象な端末の動作確認などに10分程掛かりました。

確認が終わり特に問題がなければその場で値引きが適用され、定価から下取りキャンペーン分の金額が値引きされた額を支払う形になります(支払いはクレカもOK)

私の場合はiPhone6plusで、状態も特に問題なかったため、31,000円で下取りをしてもらえました。ちなみにウェブサイトやオンラインで購入の場合は、ギフトカードにて割引額分を還元されるそうです。現金でないのでちょっとお得感が薄れますね・・

待ち時間に色々とApple Storeのスタッフに質問したところ、どうやらこのiPhoneは中古品として販売される類いのものではないらしく、回収後はiPhoneのパーツを再利用するために利用されるそうです。

なので仮にiPhone本体に若干の傷がついていたとしても、動作がきちんと問題ないことを確認できれば減額されることなく規定の金額で引き取ってもらえるので、一般的な買取店として有名なゲオやブックオフや中古のスマホ買取業者に比べて、下取り時の審査は厳しくないので、Apple Storeでの下取りがおすすめです。下取り金額も悪くないですしね。

格安SIMの選定と契約

DMMmobile

格安SIMも今や10社以上も存在し、戦国時代に突入しています。各社料金やプランも様々で、変化も激しいため慎重に各社吟味する必要があります。

そんな各社を比較して調べた結果、DMM mobileがコスト面で1番お得ということと、1GB-20GBまでとプラン選択の幅が広い点、他にもSIMカードを最大3枚まで持てる点、低速時の手助けとなるバースト機能等、かゆいところに手が届く便利で有用な機能が盛りだくさんです。

料金はデータ通信のみ、通話+データ通信のどちらのタイプのSIMでもDMM mobileは業界最安値となっており、月間5GB以上の利用であればまずDMMで間違えないです。

DMM mobileのプラン・月額料金

格安スマホのプランと月額料金 - DMM mobileより)

《データSIMプラン 通話SIMプラン
容量 価格 容量 価格
ライト※1 440円 ライト※1 1,140円
1GB 480円 1GB 1,260円
2GB 770円 2GB 1,380円
3GB 850円 3GB 1,500円
5GB 1,210円 5GB 1,910円
7GB 1,860円 7GB 2,560円
8GB 1,980円 8GB 2,680円
10GB 2,190円 10GB 2,890円
15GB 3,600円 15GB 4,300円
20GB 4,980円 20GB 5,980円

※1 ライトプランの最大通信速度は200Kbpsです。200Kbpsとは高速データ通信OFF時と同等の速度です。高速データ通信を利用する場合は追加チャージが必要です。3日あたりの通信量が366MBを超えた場合、当該SIMカードを使った通信の速度を制限する場合があります。

 

また私の場合は携帯電話は番号をとりあえず持っておきたいというだけで、実際ほとんど通話しないユーザーということもありDMM mobileが相性がよかったということもあるかもしれません。

ただ、DMM mobileでは通話をする機会が多い人でもメリットがしっかり感じられるオプションが用意されています。それが月額850円(税別)で利用可能な『5分かけ放題』です。これは月額850円で5分以内の国内通話が何度でもかけ放題になるというもの内容のサービスです。

また通話時間が5分を超えた分の通話料についても、通常の場合20円(税抜)/30秒の通話料が半額(10円(税抜)/30秒)になるため、3代キャリアに比べて安いので通話料の削減の手助けとなります。

ちなみにDMM mobileは現在キャンペーンで実施中で、なんと新規申し込みで月々の携帯電話利用金額の10%分のDMMポイントがもらえるようです。(ただしポイントの有効期限は決済から1ヶ月と割と厳しめの模様)

まとめ

短期的には若干めんどくさい部分や解約料等の費用もタイミングによっては掛かってきてしまうが、中長期的に考えると大幅なコストカットに繋がるため格安SIMへの乗り換えメリットは明らかです。以下詳細となります。

それでは本題、ソフトバンクからDMM mobileへの切り替えによる、携帯電話料金の削減金額についてまとめました。

DMMmobile 

Before

<ソフトバンク利用時の利用金額>

月額8,000円

After

<DMM mobile利用時の利用金額>

月額4,563円

=2,680円(通話SIM 8GB)+1,237円(端末代)+646円(各種手数料)

※各種手数料や端末代を2年間月割りで考えた場合

 

諸々掛かった費用をすべて込みでも約50%程携帯代を削減することができました。これは年間で考えると約4万円程のコストカットに繋がります。特に携帯電話やスマホで通話をあまりしない人は、この差を体感しやすいです。

docomoやau、ソフトバンクといった3大キャリアを現在ご利用で月々の携帯電話の料金が高いなあ…という方は、この機会にぜひ格安SIMを検討してみてはいかがでしょうか。

p.s.最後までお読みいただきありがとうございました 。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】