UsuaLife

アラサーディレクターが綴るブログです。ゲーム・ビジネス・グルメ系記事中心です。

【スポンサーリンク】

成蔵|とんかつも待ち時間も超一流@高田馬場

今回は高田馬場にある都内でも有数のとんかつ屋、『成蔵(なりくら)』に行ってきたお話しです。

とんかつと言えば、『成蔵(なりくら)』と言われるほどの名店で行列が絶えません。毎度人が並んでいるので、私も以前から近くを通るたびに気になっていました。だがしかし成蔵は日曜日が定休日ということもあり、なかなか行けずにいたのでようやくこの日が来たといった感じです。

成蔵(なりくら)は、食べログの評価も安定の星4以上と、その人気店ぶりが伺えます。中には、遠方から来ている人も多く、私が並んだ日もわざわざ名古屋から来ている人がいました。 

それでは下記まとめましたのでご覧ください。

お店の場所

成蔵は、JR山手線高田馬場駅の戸山口から徒歩2分程のところにあり、駅から近く場所もわかりやすいです。山手線ということもあり、東京の人でも訪れやすいですね。アクセスはとても良い場所にあるといえます。

お店の前には、ほぼ毎日のように行列ができているので、高田馬場界隈では成蔵と聞けば、すぐ場所が思い浮かぶ人も少なくないはずです。ちなみにお店は地下の一階にあり、そこに辿り着くまではまるでアトラクションの行列のように地下深くまで行列は続いていきます。

場所の詳細については本ページ下部に記載。 

営業時間

成蔵(なりくら)の営業時間については下記の通りです。

ランチタイム

11:00-14:00(L.O.)

ディナータイム

17:30-20:30(L.O.)

定休日

木曜日・日曜日

※2016年5月14日撮影 

f:id:watashiore:20160516034113j:plain 

私が来店前にネットで調べた時は21時までという記載もあったので、現在は以前よりも営業時間が少し短くなったのかもしれないです。

上記に記載している通り、営業時間は20時半までと成蔵の夜は短いです。そして日曜休みなので、仕事で帰りが遅い人や土日休みの人はちょっと行くハードルが高いかもしれません。なので狙い目は自然と多くの人が土曜日になり、土曜日は特に混むのといった感じだと思います。 

行列

私の場合は夕方5時半(開店時間より10分程前)から並び始めました。土曜日ということもあってか、この時間でもう既にずらーっと行列が出来ており、さすが人気店といった印象を受けました。

お店に入れた時間は、並び始めてから約1時間後(詳しくは後述)です。並び始めてすぐにメニューを持った店員さんが登場、しばらくメニューを見ていると10分後くらいにまた店員さんが来てオーダーといった流れです。 

2名様以上でお越しのお客様は、皆様お揃いになってからお並び下さいますようご協力お願い致します。とのことでした。 

例えば、一服してる間に片方の人だけ並ぶというのは反則なのでご注意ください。後ろに並んでる人にきっと冷ややかな目で見られます。みんな長い時間並んでいてお腹も減っているでしょうからピリピリしているかもしれないですね。

待ち時間・並び時間

ズバリ結構な時間並ぶことになります。特に土曜日は1時間以上は覚悟して行ったほうが良いと思います。成蔵はいわゆる超人気店なので、待ち時間も超一流であるのです。こればかりは致し方ないですね。

開店と同時にお店に入れた人達は、16時から17時の間に来て並んでいたらしいです。とはいえ早く来ても開店後に来ても結局待つ時間はそんなに変わらないです。ちなみにあらかじめの予約は不可とのことでした。

成蔵のとんかつを食べたければ並ぶしかないのです。私はある意味このルールは公平で良いと思います。ちなみに私の並んだ際の待ち時間は下記の通りです。

《並び始めた時間》

17:20

《お店に着席した時間》

18:38

《待ち時間》

78分間 

 

約1時間半です。こうして振り返るとディズニーランド並に長い時間並びました。  これはとんかつに限る話ではないですが、この1時間以上の待ち時間によってさらにお腹が減り、そして食欲が増し、成蔵のとんかつをさらに美味しく感じさせるのは間違いないです。現にとても美味しかったです。と話は脱線しましたが、要は待ち時間も楽しもうということです。もちろん本音は私も早く食べたいです。ちなみに席に着いてから、とんかつが提供されるまでの時間は5分程と早いです。

また地下一階にある店内は、カウンターとテーブルがそれぞれ用意されていて、そこまで広いといった感じではなく、せいぜい20席程のスペースといったところです。 

【スポンサーリンク】

 

お食事メニュー

この日は仕入れ状況が良かったようで様々な豚の種類が選べました。そんなこともありかなり迷った末に、私は『越乃黄金豚 煌麦豚(きらむぎとん)』シャトン(豚)ブリアンかつ定食を注文した。

シャートーブリアンではなく、シャトン(豚)ブリアンです。 小麦育ち、のち芳醇。口の中で溶け出す旨味・・このフレーズに惹かれて注文に至りました。お値段は3,700円と、少々一般的なとんかつと比べると値段的にはお高いが、せっかくなので頑張ってみました。f:id:watashiore:20160516034341j:plain 

ちなみに霜降り高原豚以外の銘柄豚は在庫状況はその日の仕入れの状況によりけりで、常にメニュー通りに提供できるわけではなく、運次第といったところでとても希少価値が高いです。 

それぞれの銘柄豚は飼育方法や育て方などに特徴があり、味や肉自体に違いが出るので好みは分かれますがなかなか他のとんかつ屋で食べれるものではないので、正直どの豚もおすすめであることは間違いないです。

f:id:watashiore:20160516034223j:plain

成蔵で扱っている銘柄豚

⭐︎あぐー

⭐︎雪室熟成豚(ゆきむろじゅくせいぶた)

⭐︎麦豚(きらむぎとん)

⭐︎平牧金華豚(ひらぼくきんかとん)

⭐︎霧降高原高原豚(きりふりこうげんぶた)

公式Twitter

お店の方がちょこちょこTwitterで店舗情報を発信をしているので、豚の入荷状況やおすすめ情報について知りたい人はこちらもも要チェックです。ちなみに余談だが店主はB'zファンらいしいです。

↓↓↓ Twitterアカウントはこちら ↓↓↓

twitter.com 

【スポンサーリンク】

 

食べた感想

ここまで長々と解説が続きましたが大変お待たせしました。食べた感想についてです。まず、薄くてサックサクの衣が他のとんかつ屋では味わったことがない、なんとも凄い衣でした。これはなんとも表現しにくいのでぜひ味わっていただきたい。繰り返しになるが凄い衣なのです。

f:id:watashiore:20160516034440j:plain

そして豚、「越乃黄金豚 煌麦豚(きらむぎとん)」 の断面図がこちらです。肉の甘みがしっかりとあって、うまみがギュッと詰まっています。その上あっさりしていてしつこさがない、そんな一品です。初めて美味しさでブランド豚はこんなにも違うのかと感じた程でした。脂身が好きという人はぜひロースの方を味わっていただきたいです。

おかわりメモ

ご飯は一杯までおかわり無料。その後二杯目以降は100円。

豚汁はと千切りキャベツは100円。

お店情報まとめ

店名   成蔵(なりくら)
住所

  東京都新宿区高田馬場1-32-11
  地図表示
  ストリートビュー表示

電話番号   03-6380-3823
定休日   木曜日、日曜日
営業時間   11:00~14:00 (ランチタイム)
  17:30~20:30

 

その他グルメ関連の記事はこちです。

www.usualife.com

【スポンサーリンク】